スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear Doctor

(2009.8.16)

「ゆれる」の西川美和監督最新作、笑福亭鶴瓶主演の映画です。


今パンフ読み終わったとこで。

ん~~~なんだろ、この感覚。

いろんなシーンや印象的な表情がどんどん浮かんでくる・・・


浮かんでは思いふけり、また浮かんでは思いふけり。
なんつーか、絶妙な後味満喫中。


気になっていた映画で、友人も絶賛だったから張り切って昨日観に行ってきたんですが、
観終わった直後より今の方がこの映画のすごさが身にしみてきてます。


えとね、出演者全員すごいです。


鶴瓶がもうね。
スクリーンに出て1分でもう伊野先生にしか見えなかった!
どんだけしっくりくるんや、この人?!


いつもの人懐こい笑顔と、あのなんともいえない居心地悪そうな表情・・


伊野の居心地の悪さも、ものすごい緊張感も、頭真っ白になってるのも
余すとこなく伝わってくる・・・というか、まるで自分も伊野になったような?

あんなに表現できるなんてスゴイと思います!
主演男優賞あげたいです!!


瑛太もよかった~
若くて未熟で夢見がちな研修医の相馬。
あんなに身近で、唯一伊野の叫びをくみ取れる立場にいながら、結局全然伊野を見てなくて・・。

発覚後の相馬の表情見てたら、こっちまで気まずくなってきたよ・・


あとね、余貴美子も香川照之も松重豊も、みんなよかったです。

お年寄りや子供たちは実際撮影された村の方々だったらしく、リアルに僻村な感じが醸し出されてました。


この映画、ほぼ全員嘘つきます。
伊野の嘘と、発覚後の伊野以外の人の嘘。

同じ嘘なのかもしれないけど、全然違うよね・・

前者の嘘は、自分の首を絞めるような。
悪いとわかっていつつ、やめられない。
やめることを許されない。

後者の嘘は、狡猾。
しかもその大多数が嘘ついてると思ってない。
保身のための自然な行為なのかも?


あーもー、切ないわー


村民たちの変わりよう見てたらドッグウィル(ニコールキッドマンの)思い出したわ・・・

閉塞した村って怖い・・


ラストは、個人的にはえという感じでした。
んー、そうですか。
どんな意味が、あるのかないのか。
わかりかねてるとこです。


パッと見地味な映画ですが、かなり考えさせられると思います。

適度に笑いもあるので見やすいですよ。

おススメです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。