スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96時間

(2009.8.27)

リュック・ベッソン製作、リーアム・ニーソン主演の映画です。


親バカすぎるお父さんが、アホな友達と旅行に行ってまんまと拉致られた世間知らずな娘を取り戻すってお話です。


邦題が「96時間」だし、この時間に重要な意味があるのかと思ってたら、あんまり関係なかった・・


人身売買グループに娘を拉致られて、96時間以内に見つけないと永遠に見つからない・・・って設定なんだけどね。

最初こそ「もう16時間も経ってしまった」とか言ってましたが、途中から時間は全然関係ないです。


あんだけ特殊なスキル持ってたら(お約束の元CIA?)96時間もいらんて話で。

拉致られる直前にたまたま娘と電話してたとはいえ、
拉致られて16時間後に犯人グループの一人を追い詰めて死なせちゃってるんだもんw

パリで拉致られてんだぜ?
どんだけ仕事早いんよw


冒頭では娘に気に入られたい一心のしょぼくれたオッサンだったのが、
娘が拉致られた瞬間からランボーのような殺戮マシーンとなって
敵(犯人グループ)をバッタバッタと倒していきます。

♪娘の~ためなら~エッフェル塔だって壊す~~
(岡千秋風に)

・・・こんなお父さん、やだ。。
いや、エッフェル塔は壊してないですが。


でもリーアム・ニーソン頑張ってた!
こんなアクションもできるんだね
 

にしても、娘はなんであんなアホな子と友達なんやろ?
娘は良識ありそうな世間知らずなんだけど、友達は良識ない上に世間知らずみたいな。

最初からアホ全開でびっくりしました。
そりゃ死ぬわ・・・

ちなみにこの子らはU2のコンサートツアーの追っかけをしにパリまで行ったんですが、
コンサートどころかパリに着いて1時間もしないうちに拉致られてます(ノ∀`)アイタター


とにかく親バカすぎて、娘の救出という免罪符を片手に
立ちはだかるヤツは全員殺しちゃうという・・・もー個人的過ぎてビツクリ(*`ロ´ノ)ノ

こんな親じゃ、ろくな娘に育たんぞ・・
って、娘は母親と住んでるから大丈夫か。
あ、養父も裏ビジネスしてんだった・・・


1時間半、ひたすら娘を探し出す映画です。
それ以上でも以下でもないという、ちょっと変わった映画。


アクションとカーチェイスはすごかったよ!
さすがリュック・ベンソン。
トランスポーター3観たかったなぁ・・


てな感じで、見方を変えたらオモローな映画かもです。
興味のある方は観てみてくださいね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。