スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内ニューヨーク

(2010.2.25)

"天才脚本家"チャーリー・カウフマンの初監督作品らしいです。
「エターナル・サンシャイン」「マルコヴィッチの穴」とかの脚本書いてる人ですね。よくは知らなかったけど。


今回もちろん脚本も書いてるんですが、
ぶっちゃけ何が言いたいのか全然わからず


病んでる人の話なの?
ただそれだけの話?


監督がどうよりフィリップ・シーモア・ホフマンが好きなので観に行ったんだけど、どーしようもないオジサンでしたw


自律神経失調症みたいな主人公の目線で描かれてるから、
気がついたら十何年経ってて(主人公は時が経ってる意識がない)みたいなことになってて。

ん?んんん?みたいな。
上手く説明できないですが。


明るいコメディかと勝手に思ってたら(チラシに騙された!)なかなか陰気な映画でした。


あ、サマンサ・モートンが太るわ老けるわでエライことになってたよ!
あれ、何キロ増量したんやろ?ベッドシーンびっくりしたw


こういう映画って、苦手。
そんな映画の一つでした。


おしまい。w
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。