スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリー&ジュリア

メリル・ストリープ&エイミー・アダムス主演のお料理映画です。
どうしよう・・・


メリルのこと、好きになりそう。w


1949年パリのジュリア・チャイルド
それから50年後のニューヨーカー、ジュリー・パウエル

この二人の物語が平行して進んでいきます。

ジュリアが英語で初めてフレンチ本を出版するまでと、
ジュリーががそのフレンチ本に載ってる524のレシピを365日で作って
ブログに書くことを完遂させるまでのお話なんですが、
いやこれ、上手いこと二つの話を絡ませたなと。


時代も性格も場所も違っても、同じようにはしゃいだり悩んだり。
料理をする以外にも共通点はいっぱいあるんですよね~


この二人を演じているメリル・ストリープとエイミー・アダムスがすごく良かった


メリルが演じるジュリアは身長なんと185センチもあったそうですよ!
(妹もそれぐらいあったらしい)
そんなに大きくはないはずのメリルはかなり体重増やしたそうです。
うん、大きくなってみえた

大きくっておおらかで太陽みたいなジュリア
あんな役されたら好きになってしまうがな

天真爛漫に「私、食べることが大好きなの」と言うジュリアは、
大好きなフランス料理を自分で作っちゃおうと、プロの料理人育成学校に入ります。

最初は玉ねぎのスライスすら出来なかったジュリア、持ち前の負けん気で猛特訓!!
は、いいんだけど、練習の量がハンパなさすぎてウケたw

玉ねぎ、文字通り山盛りですよw
帰宅したダンナ涙目ww

このダンナがまた優しい人なんだよねぇえええ。
小さいけど大きいジュリアをすっぽり包み込んでしまう包容力
理想ですよ、まさに理想的ダンナ。


一方のジュリーのダンナも、これまたすごく優しい

ジュリーは30代という大台を前にいろいろ焦ってて、
ジュリアのようにいつもおおらかに、とはいかずイライラすることもしばしば。

ダンナに八つ当たりしたり、キッチンの床に寝転がって駄々こねたり(これ可笑しかったw)するジュリーをいつも優しくあやしたりなだめたり。

相当我慢強いと思うw

喧嘩した後の仲直りのシーン、泣いたわ。
ダンナ優しくて。


やばい、かなり長くなってきた。w

感想が長いということはそれだけ良かったんだと言うことで、すごくオススメの映画です

こんないい映画、公開された週から一日一本という地元シネコン。残念すぎるわ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

メリルってこんなに大きかったっけ?
って思ったけど、恋するベーカリーは普通でした。
すごい役作りだね。話し方も本人に合わせてるんだってね。

おっきかったよね~
恋するベーカリーより親しみもてました^^
女優ってすごいす!
プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。