スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命のボタン

キャメロン・ディアス主演の映画です。

運命のボタン
ある日見知らぬ人からポチッとなボタンが届きます。

ポチッとすると、見知らぬ誰かが死に、あなたの手元には大金が入ります。

押すも押さないもあなたの自由。

期限は今から24時間以内。

さて、あなたならどうする?


というお話です。


謎の薄気味悪い人々や、謎の鼻血、謎の黒幕などなど
謎だらけで話は進んでゆくんですが、
謎は最後まで謎・・・謎のままでいい映画らしいです。


ココロがザワザワするような音楽が随所に使われてましたが、
なんですかね?なんか懐かしいというか古めかしいというか・・・
1970年代が舞台なんですが、当時のスリラーとかに使われてたような感じ?
いや、よくわかんないけど(汗

あのヴァイオリンと思われる高音の音色で、思えば大したシーンはなかったのに
ずーーーっとドキドキザワザワ構えながら観てました。

ちなみに音楽はカナダのバンドの人で、映画音楽は初めてなのだそうな。
うん、ヘンに煽ることもなく、不穏な感じが主人公たちと合ってたと思います。


正直観終わってすぐは「んー」という感じだったのですが
パンフ読んだり他の人の感想見たりして、ちょっと印象が変わってきました。


主人公は誰かの犠牲を伴うことを、理性ではダメなことってわかっています。
が、金銭的に生活が厳しい状況下で心は揺らぎます。

「でも殺人犯が死ぬのかも」
「警察に電話しちゃダメ!第3者に話したら、このボタンは効力をなくすのよ!」

ダンナは冷静に

「誰かの赤ん坊が死ぬかもしれないんだぞ?」
「罪の意識に耐えられるのか?」

と言ってるんですが、妻のただならぬ”押したいモード”に負けちゃいます。
そして妻がダムッ!と大きなボタンを押しちゃって・・・


この映画の喪黒 福造(「笑ゥせぇるすまん」ね。知らない人はググれ!w)はボタンを持ってきて

「全く知らない誰かを死に追いやれば、お金をあげますよ。」

と、生活に困っている善良な夫婦に言うわけですが、
原作者がこの設定の元になったネタをこう書いてました。(パンフより)

「世界平和に重大な貢献をするためだったら、NYブロードウェイを裸で歩けますか?」

私利私欲の為に知らない誰かを犠牲に出来ますか?と、
世界平和レベルの重大な目的のためなら人間の尊厳を捨てられますか?

この二つは全然違うことのようで、実は表裏一体ですよね。

わかってるんですよ、誰もがアタマでは。
でもいざという時のその状況下で、断れるのか?もしくはできるのか?
これって究極の選択!

ボタン一つで殺人
ボタン一つで大金持ち

この”ボタン一つ”ってのがまた安易な気持ちにさせるんだな・・・
善良な夫婦がちょっと踏み外しただけなのに、重い結果が待っています。


不条理話です、と言いたいのですが、
考えれば考えるほど不条理じゃなくなっていくお話。

ラストに人としての希望があるのか?
でもこれって自分の子供ならというエゴなのかも?

うーん、観終わった直後はなにも考えなかったけど、コレ相当考えさせられるかも。
良かったら観てみてください。

あ、ちなみにテーマ以外は一部トンデモないことになっております!w
水のシーンはコントかと思ったww
一人で爆笑しちゃったよ笑うとこじゃないのに(^^;)



本筋と関係ない話。

このボタン、何組かの夫婦の元に送られて、
全て妻がボタン押してるんだけどこれってなんか意味あるんかね?
なんか女が金の猛者っぽく描かれてるような気がして引っかかったんですけど。
男に勇気がないという解釈にしておこうかな・・w






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ありがとうございました♪

こちらにコメントするには初めてなので、これであってるにか…不安ですが。ww


…さすが結構深くご覧になってるみたいで。w

即答てきない映画だけど、掘り下げていっても答えは無い、そんな映画なので、…ねーやんの解釈全部合ってますし、この日記に書かれている音楽だったり、不条理感だったり注目する部分、全て正解です。さすが。w


結局何だったの!?と言いながら、映画を観終わった後いっしょに観た人とお茶しながら口論できることが映画の理想だと思ってます。


想像力のトレーニングにはもってこいの映画です。ww多分コレ観たら頭良くなりますね。
脳トレ映画「運命のボタン」。


あーこれ宣伝文句にすればよかった…ww


キャメロンがボタンを押したときの効果音を、
「ダムッ!」て表現したのはねーやんだけですよ。wココが一番ウケました。ww

ともあれ、
ご鑑賞、誠にありがとうございました!!

>だふぃ

ちゃんとコメントされてますよー
ケータイからいっぱい書いてくれてありがとう^^

観た直後に、ツイッターにイマイチみたいなこと書いてごめんw
パンフ読んで一晩おいたら深く考えさせられてしまいました。
映画自体はさておき、って感じだね(失礼

ボタンの効果音、ダムッ!が一番近いと思いますがどうでしょう?w


No title

これダフィさんから試写会の招待状が来て、
見に行きましたよ。
テーマは大好きです。
ねーやんと同じく、水のシーンで少し覚めたというか…。
演出に統一感があまりなかったように思えました。
でも、時間が経つごとに考えさせられるテーマですよね。
キャメロン、ディアスね、が意外にがんばってたかなと。

> JOくん

水のシーンはないよねw
水の量ハンパないしww

キャメロン・ディアス同い年なんだけど
役柄が役柄だからか、なんか老けてたわ・・
まだ35よ!って言ってたけど。

でもシリアスな役も悪くなかったね~
そろそろラブコメ以外にも活路を見出さないとねw
プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。