スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレード

行定勲監督の映画です。

パレード
原作・吉田修一氏のこの作品、何の前知識もなしに観ました(最近多いなw)

群像劇です。
お気楽な共同生活をしてる4人+1人の一人ひとりの日常を切り取って、もう一回集めた。みたいな?


3DK?4DK?のアパートに各々が各々の生活をして
好きなときだけリビングで時間を共有。
互いに恋愛感情はなく、干渉もほぼ皆無。

チャットルームのような部屋での共同生活は一見するとすごく楽しそうなんだけど、
言い方を変えれば”うわべだけの付き合い”(byサトル)な訳で。

付き合いは広く浅くがモットーな私は別にそれでいいじゃん!て思いながら観てたんですが、
映画が進むにつれ、これってかなり不健康な生活なのかも・・と思ってきました。


めんどくさいヤツはお断り!で集まってるから気を使ったり使われたりもなく、楽、なんだけど、
逆に言えばめんどくさいことは言えないんだよね。。。

人って元々めんどうな生き物じゃない?

今、接してもらってる自分が受け入れてもらえてるなら、
わざわざめんどくさいホントの自分を出さない方がいいよね。
実はめんどくさい人間ってこと、バレたくないし。

・・みたいな感じで、自分をさらけ出すことが出来ないのは、
気づかないうちにストレスが溜まっていきそう。。
そしてそれに気づかないでいると、人格が歪んじゃいそう。

この部屋の住人たちもあっさりしているようで実は色々抱えることがあり、
それをみんなに見せないように、自分でも気づかないフリをして生活しているんだけど
それが無意識でできてるあたり、人としてちょっと歪んでるのかなぁと。
最初はわかんないんだけどね。


オチはまぁ、読める人もいるかもしれません。
私も「はーん、そうなんだ」程度でした。

が!

あのラストは!
ちょっと怖いんですけど!
どうなのどうなの?!

・・・あの終わり方、嫌いじゃないぜ。


手元にパンフがあるんですが、主演の4人、みんな肌がめちゃめちゃ綺麗!!
女性2人はわかるけど、男性陣の肌の綺麗加減は異常!
さ、さわりたい・・・

サトル役の林遺都くん、変わりすぎて気づかなかったけど
バッテリーのピッチャー役やってた子なんだね。
バッテリー観てないけど、この映画の林くん、良かったよ^^

この映画の最大の(個人的な)収穫は、
藤原竜也が普通の発声で演技できることがわかったこと!w
この人舞台の人だから、映画でも腹から声出してるっぽくていつも違和感あったんですが、
今回はすごい普通に喋ってました!うん、普通の人っぽかったよw
こういうフジタツ、もっと観たいわー。


原作読んだことある方はどう思うかわかりませんが、
私は結構好きなタイプの映画でした。
読んだことない方でも賛否はわかれそうな映画ですが、よかったらドゾ☆



お前が知ってるアイツを俺は知らないし、
俺が知ってるアイツをお前は知らないだろ?
アイツが何者かなんて、誰にもわからないんだよ。

というような台詞がありました。
自分が知ってるその人は自分しか知らないその人であり、
他人が知ってるその人と同じとは限らない、ってことですね。
ちょっと考えたら当たり前なんだけど、よくよく考えたらなんか怖くなってきた・・ナンデダロ?

強烈に印象に残った台詞だったので書き残しておきます。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。