スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜水服は蝶の夢を見る

(2008.3.30)

本日観てまいりました。

脳梗塞で突然閉じ込め症候群(意識はハッキリしてるのに全身麻痺な状態)になった元ELLE編集者が、特殊な方法で唯一自由に動かせる左目の瞬きのみで書いた自伝が原作のこの映画、予告編にやられて最初からハンカチにぎりしめて観てました。


が、ハンカチあんま出番無しお涙ちょうだい的な演出が全然なかったです。
カメラ=主人公の目で、どう見えててどう思ってるかが擬似体験できる感じ。


見た目は顔も麻痺してるから感情は全然わからないんだけど、
例えばテレビでサッカー見てて、看護士の陰でテレビ見えなかったら「おいッ見えないだろ」って思ってたり、
美人の看護士を目の前に「こんな美人を前に手も出せないなんて…」と思ってたり。

確かに全身麻痺ても性格まで変わんないもんなぁ。


にしても、そんな状態で生きる希望を見出だすなんて、すごい精神力!
私だったら、死ぬことすらできないなんて、多分アタマおかしくなる
もし友達がなったら支えてあげられるのか?できるか?


久々に考えさせられる映画でした


ちなみに一緒に観た母は多分途中寝てました。w

起伏あんまない映画なんで、興味のある方だけ観てみてくださいね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。