スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンストッパブル

トニー・スコット監督の、実話に基づいた鉄道パニックものです。

アンストッパブル


正直観るまで、パニックを装ったお涙頂戴ものかと思ってました。
非難される覚悟で書くと、ワールド・トレード・センターみたいなね。
2012とか。


ハイ、見事に裏切られましたっ!


間違いない、これは鉄道パニックものですよ!!
ドキドキしっぱなし緊張しっぱなし99分!!
泣き用に持っていったハンカチ、手汗でべとべとになったちゅーねん!w


主役のデンゼル・ワシントンとクリス・パイン(「スタートレック(’09)」)をも凌ぐ、
この映画のメインキャストは間違いなく貨物列車777ですね!

アンストッパブル2

きゃー!逃げてー!!


これ、日本では考えられないスケールの貨物列車なんです。
39両で800mですよ!なにそれ!

それが小さなミスから暴走列車になっちゃうんだもんね。
しかも危険な化学物質とディーゼル燃料満タンときたもんだ!

市街地で脱線横転なんかしようもんなら街がひとつ吹き飛ぶレベルの”走る破壊兵器”を、
いがみあってた二人の男が強力して止めようとするというお話。


これ実話ってすごいわー
実際の事故は2001年にオハイオ州であったらしいよ。
機関車がなんと47両の貨物を引いて暴走したらしい。
ちなみにこの機関車のナンバーは8888て。
クレイジーエイトって呼ばれたって。
カッコいいネーミングするなぁ。


閑話休題。


とにかくこの貨物列車の映し方というか撮り方が上手い!
スピード感と破壊力をこれでもか!!というくらい見せつけてくれます。

ただ暴走してる列車を見てるだけなのに、なにこの緊張感?!
チカチカと細かいカット割りは若干疲れるけど、緊張を持続させるには効果的だよね。
ホント見せ方上手いよなー


この列車の緊張感を削ぐことなく、うまーいこと人間ドラマが展開されていきます。


パニックものって、たまに取ってつけたようなメロドラマが展開することあるじゃない?
しかも途中からメロドラマに重きを置きだしたりして。

そういうのすごい残念に思うことが多々あるんですが、この映画はとてもバランスが良かったように思います。

主人公二人の関係、それぞれ抱える問題、鉄道会社内でのやりとりなど、しつこすぎず薄すぎず。
会話も適度なユーモア有りで、緊張しっぱなしの中、少し息抜きになりました^^



デンゼル・ワシントンは、やはり貫禄ありますねぇ。
娘が二人いて、この道28年っていう本物の鉄道マンに見えるし!
なんの違和感も感じないってすごいと思う・・


クリス・パインって、なーんかどっかで観たなぁと思ったらスタートレックの人なのかと。
違う映画で観た気がしたけど気のせい気のせい。
だってよくあるイケメン顔なんだもの
多分、若手イケメン俳優なら誰でもイケそうな役でしたw


ちょいちょいと出てくる人たちも(鉄道会社の人とか)しっかり描かれててよかったです。

私の中のベストofちょい役は、なんといってもネッド!!
この人出てきたときはちゃらんぽらんな感じだったのに、最後もっそカッコいい!!
後半出てきてテンション上がったーーーww



迫力満点のこの映画、ぜひぜひ劇場で観て欲しい!
観終わった後の心地よいグッタリ感をみんなにも味わって欲しい!

鉄道フェチでもそうでない人にも、オススメの一本ですよ~^^
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

手汗

ども!
この映画メチャメチャ疲れましたw
ツイート見てから行ったのですが、ボクも手がベタベタでした(汗
それとkaoさんも書いてるように、2人の背景の説明が最小限で緊張感が切れなかったのが良かったですね。
プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。