スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラインドネス

(2008.11.29)

ジュリアン・ムーア主演、フェルナンド・メイレレス監督最新作です。


突然目の前が真っ白になり、目が見えなくなる奇病が、驚異的なスピードで感染していって・・・
という話だったので、正直最近よくあるパニックものかな?と軽く思ってたら、とんでもなく重い映画でした。


やっすいパニック映画だと大体アメリカ政府か軍が秘密裏に進めてきたアヤシゲな実験が失敗して・・・とか、宇宙から謎の物体が飛来してきて・・・みたいな感じなんですが、この映画ではこの奇病の原因はさっぱりわかりません。

でも、そんなことはこの映画では全然重要じゃないです。


突然失明した人たちの戸惑いや恐怖(ちなみに目自体に異常なし)。

驚異的な感染力にビビって、とりあえず隔離政策を出して感染者を強制収容する政府の対応。

失明した人しかいないのに、ビデオで館内の説明を流すような収容所に送り込まれた感染者の憤りや絶望。


などなど、極限状態の人間の行動や心理描写が、唯一感染しなかった主人公の目線でこれでもか!ってくらい見せつけられます。



夫が感染し、自分も感染したと偽って収容所についていった主人公は、
唯一目が見えるということで、(見えないふりして)なんやかんやとみんなの世話をし始めるんですが・・・

人間、見えない見られないと思ったら、あーなっちゃうんですかね?!

最初は小奇麗だった収容所も、見る間にゴミだらけ汚物だらけに・・
不衛生極まりないんですが、誰にも見えてないから誰も気にしないんだよね。


でも主人公だけは見えてる!


これはツライ!!
私やったら完全にアタマおかしくなるし!
見えないほうがいいよ、こんなこと!


感染者は三つの病室に分かれて生活しているんですが、
食料も医療品もままならない状況に限界がきた頃、ついに暴力(銃)で支配する王(キング)が現れます。


ちなみにキングはガエル・ガルシア・ベルナル。
相変わらずイケメン~~~


で。


食べたきゃ金持ってこいだの、女よこせだの言いたい放題!
監督曰く、人間は本能に返ったら暴力的になる。と。


このあたり、見るのがチョットつらくなってたし・・
"es"って映画みたいな感じですかね?この映画も怖かったなぁ・・


映画は、最終的には明るい方向で終わってました。


心の目で見てお互い信じあうことが出来たら、
外見に惑わされることもなく本当の絆が生まれる。。ということですかね。


って、そんな単純な後味じゃないんですけど。

パンフ(なんと92ページ!)読んで、今こうして感想書いてたら、ますます考えさせられます。


この映画の"目が見えない"っていうのは、比喩なんですね。

目は見えてるけど、見えてない。
=見たくないものは見えない、見ない。


地球温暖化を例にあげて、監督がインタビューに答えてました。

「みんな見て見ないフリをしているだろう?
温暖化の引き金になるとわかってるのに車に乗って、それが環境にどう影響するのか見ようとしない。
この映画の盲目はそういったことを指しているんだよ。」


なんかずっしりです。
私さっき、見えないほうがいいよ!とか書いてるし(-_-;)


ホントは違うんですよね。
目が見えなくても、そこにゴミや汚物があることはわかるんだから。
掃除だって出来るハズなんです。


見えないからいーや。


じゃ、ないんですよ。


これっていろんなことに通じるよね?
あーなんか、ちょっとツラくなってきたw


という訳で、人間の心理の深いところまで掘り下げられてる、かなりヘヴィーな映画でした。

間違ってもデートムービーにしないようにね!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。