スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントゥ ザ ワイルド

(2008.12.22)

ショーン・ペン監督の最新作。
実話を元に書かれたノンフィクションの映画化です。

"Into The Wild"って、"荒野へ"って訳されるんですね。
私のイメージではワイルドより荒野の方が荒々しい感じなんですが、
この映画はまさに、"荒野へ"という感じでした。


裕福な家庭で育ち大学を優秀な成績で卒業、
明るい将来が約束されたインテリ青年が、自ら全てを捨てて放浪の旅に出るというお話。


旅の始まりは車に乗ってお気楽ムードだったんですが車はあっというまにダメになり
その後はヒッチハイクやら貨物列車に無銭乗車やら河下りやら・・


実は複雑な家庭環境で育った彼は、旅の途中に出会う人々との交流によって成長していく・・というか、目的がハッキリ見えてきます。


それが、アラスカでの生活。


森で猟をし、川で魚を釣り、薪で火をおこす。
こんなシンプルな生活の中に、幸福があるんじゃないかと。


その目的のために仕事してお金稼いで準備して、いざ!アラスカアラスカ!!
そこで彼が見た真実とは・・・


はい、あらすじ長かったねw


とりあえず、主演のエミール・ハーシュが素晴らしかった
「スピードレーサー」と同一人物とは思えない!
インテリでナイーヴ、って顔に見えてくるんだもんなー。


「スピードレーサー」でしか見たことなかったから
てっきりアイドル俳優みたいなもんかと思ってたら、、、失礼しました(^^;)


役作りで18キロの減量をしたようですが、
「マシニスト」のクリスチャン・ベイル以来の激痩ぶり!
あそこまで痩せた上に演技するってすごい・・


すごい見たことある女優さん!でも名前わかんない・・と思ってパンフ見たら、
「マルコヴィッチの穴」に出てたキャサリン・キーナーって女優さんでした。
多分覚えられないwでも忘れられない女優さんです。


ウィリアム・ハートがえらいハゲてましたが・・
あれは地なんですかね?もともとフサフサでもなかったけどw


映像が「モーターサイクル・ダイアリーズ」に似てるなぁと思ってたら、撮影監督が同じでした。
ちょっとしたドキュメンタリーみたいやったよ。


主人公の父親は世間体や体裁をすごく気にする人で、そんな父親との確執から
世の中のしがらみを一切絶ってシンプルに生きることだけをすれば幸せになれるハズ!と思い込んでた主人公。


放浪中に出会う人々はある意味共通の人々(=アウトロー)で、心を通わすようになるんですが、
生きること(幸せ?)を極めたい彼はやはりアラスカへと向かいます。


アラスカ入り直前の、一人暮らしの老人とのエピソードはかなり切なかった・・
最後に「おじいちゃん」って呼んでやれよぉって思ったよ。


で、一人アラスカの地で、最期に彼が思ったこと。

「幸福が現実になるのは、それを誰かと分かち合った時だ」


この台詞、私のココロに深く刻まれました。
思い描いて達成しても、分かち合わなきゃ幸せじゃない。

そのとおりだと思いませんか?
自己満足は幸せじゃない、とは言い切りませんが、
やっぱ誰かと分かち合ったほうが幸せ度も大きくなるよね。


私の回りには分かち合える人がいて幸せです。
みんなありがとう。


おもしろおかしい映画ではないので誰にでもオススメはしませんがすごくヨカッタです。

多分そろそろレンタル開始じゃないかな?
興味持たれた方は観てみてくださいね。

あ、「モーターサイクル・ダイアリーズ」がヨカッタ!という方には激オススメしときますよ~
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。