スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタの優しい刺繍

(2009.3.17)

スイスの映画、みたいです。

すいません、予備知識0で観たので・・
スイスの牧歌的な風景の村に住むおばあちゃんのお話です。


風景はまさにハイジの世界!
こんな風景、まだあるんだね~。


伝統的で保守的な小さな村に住む80歳(!!)のおばあちゃんが、
昔夢見ていたランジェリーショップを開いて・・・ って話なんですが。


きっと、歳をとっても夢をあきらめないで!

とか、

高齢者でも生きる喜びを!!


ということを伝えたい映画だと思うんですが、
それは確かに伝わってきたのですが、
何より私が思ったことは、


こんな保守的な村、いまだにあるのか?!


もうねー、すっごい保守的なんですよ。

旦那に先立たれて落ち込んでた主人公が心機一転昔の夢を叶えて、
高級な生地やレースをふんだんに使った下着、つかランジェリーを作ってショップを開いた。

って、言ってみればただそれだけの話なんですよ?


それがなんでここまで反対されたり嫌がらせされたり中傷されたりするの??

すごく綺麗なランジェリーを「下品で嫌らしい下着」呼ばわりして、
それを売ってる主人公を頭おかしいとか言って・・


息子が村の教会で牧師してるんだけど、

「こんな下品な店を勝手に出して!僕を笑いものにしたいのか?!」

って、全て手縫いの超高級ランジェリーを捨てたりするんですよ?
息子、お金一銭も出してないのになぜ捨てる?!


村の保守派政党員は「伝統に対する冒涜だ」とか言って嫌がらせしたりするし・・・
たかだかランジェリーショップなのに・・・


って終始思ってしまい、最後まであまり感情移入できませんでした。

そういう地方だからこその話なのにね。。



主人公のおばあちゃん、80って設定ですが、主演女優は80オーバーらしいです!そして今回初主演!!

その歳で現役なのもすごいですが、その歳で初めて主演できるなんて!
人生、諦めなきゃ夢は叶うものかもしれない・・ってリアルに思います。


亡くなった旦那が忘れられず生きる希望を失って、
9ヶ月も喪服のような黒い服ばかり着ていた主人公。

ランジェリーショップという生きる希望・楽しみをえてからは、
最後らへんとか可愛いピンクのレースの洋服とか着ていました。

シワシワの胸元がちらりと見えてたけどwすごい可愛かったです。


人生最期まで、楽しんだもん勝ち。

と、いうことですね。

みなさんも先の長いの人生、楽しんでいきましょう☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。