スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルキューレ

(2009.3.22)

トム・クルーズ主演・ブライアン・シンガー監督、ヒトラー独裁政権下のドイツでの実話を元にした映画です。


また実話系ですね・・
なんか最近多いような?


ヒトラー暗殺計画を企てるレジスタンスたちと、その計画を実行・指揮する大佐のお話。

史実にあるようにヒトラーは自殺しているので、この計画は失敗に終わるという結果を観る前から知ってるんですが、中盤からはハラハラしながら観てました。


そう。
中盤から。なんですw


最初らへんはぶっちゃけ眠くてねー
みんな似たような軍服に似たような髪形だし、名前出てきても(・∀・)ダレ?みたいな。


中盤からやっと人もわかり、眠気も覚めるようなサスペンスフルな展開になってきたので集中して観ることができました。


トム・クルーズは、やっぱりカッコよかったよー

この人の声はイマイチ(個人的に)だけど、全身から放たれるオーラはやはりスターですよね~
なんだかんだ言って←なんだかんだって


アイパッチして、祖国ドイツを救うために命を張る大佐を熱演しておりました。
でもきっと、これでアカデミーはないと思うけどw


上手くいけば、ヒトラー及び側近を全部暗殺できて、
ナチス政権をも転覆させることができたクーデター・ワルキューレ作戦。


ヒトラー暗殺計画は数々あったそうですが、ワルキューレが最後だったそうです。
そしてこの計画が失敗して8ヵ月後、ヒトラー自殺・・


他国ではなく、ドイツ人の手でナチスドイツを変えたかった軍人たちの想いは、
でも無駄ではなかったし、彼らの死も意義あることだったんだと思います。


ちなみに大佐の妻子たちは助かってたそうです。
トムは彼の子供たちに会って話を聞いたりしたんだそう。
はるか昔のこと、ではないんですね・・・


軍隊の、すばらしく統制の取れた動きにちょっと感心。


立って銃殺されると、膝からぐにゃりと横(斜め?)に倒れるんだね・・
頭を撃たれたらやはり真後ろなのか?

等々、相変わらずあんまり重要じゃないところも気になりつつw


先にも書きましたが、出てくる人ほとんど軍服で、
作戦自体も凝ったものなので話はちょっと難しいかもしれません。


でも中盤からはハラハラできます!!
興味持たれた方は、観に行ってみてくださいね


カンケーないですが。


グッズ売り場でパンフ買うときに

「なんかこれ、Xメンみたくないですか」

って言われて、ちょっとツボでしたww


さすがブライアン・シンガーやね。
ウルヴァリンのスピンオフ、早く観たいなー

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。