スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔

(2009.5.23)

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演、ラングドン教授シリーズ第2弾です。


・・・正直に言いますと
これ見たとき、めちゃ二日酔いでした(爆


なので、目まぐるしい映像がかなりつらかった


冒頭はSF映画のような、
(マトリックスの冒頭もこんなだったような?)
光ぴゅんぴゅん系の映像だったので
一瞬「この映画であってるよね」て思ってしまった。。
2~3分遅れて劇場入ったからなおさら(ォイ


ほどなくSPEED社製のビキニでビシッとキメた(?)
ラングドン教授が登場するわけですが(登場シーンは泳いでます)

とりあえずトムの程よい体つきにちょいmohe
トムのアゴも、あ、口元からアゴにかけても好きなのよね~
さわりた過ぎるわ~いつ見ても。


・・私のフェチ話はどうでもいいですが。


今回も宗教絡みのお話なんですが(当たり前かw)、舞台はカトリック総本山・ヴァチカンです。

反カトリック?の秘密結社イルミナティやら、新しいローマ教皇を決めるコンクラーベやら、
敬虔なキリスト教徒が聞いたら激怒するのでは?と思うようなネタなのに、ヴァチカンでロケできたなんてすごい!


と思ってたら、そこまでキツイ規制はないようですね。
もちろん許可が下りないところも沢山あったみたいですが。


教会の中で銃撃戦しちゃったり、人燃やしちゃったりしてて
正直オイオイって思ったよw彫刻ばんばん壊しちゃってるし・・

春先に旅行で行ってきたばかりなので、そんなとこで何やってんだーー(*`□´)ノシ みたいな?


こんなこと、実際起こってほしくないな・・・って本気で思ったw


宗教象徴学の権威・ラングドン教授は今回も豊富な知識で上手いこと謎解きしていきます。

この人、なんか京極堂みたいやw
怪しげな呪文は唱えないけどw


謎解きもへ~~~って感心するんですが、やはりこのシリーズの見所って
宗教画とか宗教絡みの美術品だと思うんですよね。


この映画もローマ・ヴァチカン教会巡りプチダイジェストみたいでした。


ますます観光客増えるんだろうな~
で、ますます入場制限とかされちゃうんだろうな~


映画のオチは、はーーーーん、そうなの?って感じで、あまり衝撃的に感じなかったです・・・


原作読んでみたいなー
でもラングドン教授の薀蓄、難しいうえに長いからなー

・・やっぱり京極堂みたいw


ほどよく楽しめる映画やと思います。
二日酔いじゃなかったらもう少し楽しめただろうに・・(爆


まじまじとは見させてもらえませんが
素晴らしい彫刻や建造物(教会)もいっぱい出てくるので、
それ系好きな方にもおススメしておきます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kamimi206

Author:kamimi206
ようこそkamimiのBLOGへ★

映画の感想など書いております。

最近サボり気味ですが、頑張って書くようにする予定!

映画以外は、ぐだぐだとテキトーに書いていきたいと思います。

そんなんですがよろしく(・∀・)ノシ

カレンダー・時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

kamimiの部屋
りんく
かうんた
おみくじ
悪魔に聞けっ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
for T
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。